>> HOME > 会社案内

界各地で繰り返される自然破壊のルーツをたどると、
19世紀後半に始まった産業革命にさかのぼることができます。
産業革命は大量生産時代の輝かしき幕開けである一方、
物質文明偏重の価値果観を生み出し、同時に深刻な自然破壊への道の出発点でした。
この日からヒトは、健康な自然なくしてはいきられない動物であるにもかかわらず、
開発の名のもとに、あるいは資源供給の名のもとに、
自らの首を絞める愚かな道を歩んできたのです。
私たちは、この問題を深刻に受け止め、もてる専門技術を駆使して研究に研究を重ね、
より現実的な立場で文明と自然との仲介の役割を果たしてまいりました。
それは即ち、「開発」と「自然保全」とのバランス。
これからも私たちの企業活動が
環境保全のために少しでもお役に立てますように。